クレシア ソフネス / CRECIA

商品名クレシア ソフネス / CRECIA
製造元株式会社クレシア東京都新宿区
関係筋日本製紙クレシア株式会社東京都新宿区
規 格114mm x 40mダブル
採 取1996年 和歌山県
在 庫×(out of stock)
モチーフベージュメイン 文字のみ 斜め 社名 再生紙 ivory
素材
販売種別普及品
現在日本製紙クレシア株式会社と社名変更している同社の前身、
株式会社クレシア時代の製品です。

採取年が1996年ということになっていますが、実はいつのものか判然としません
この巻紙は友人から貰い受けたものなのですが、何枚か同時に貰ったものの
当時の記録がイイカゲンだったため、ごっちゃになっております。
受け取ったのが1996年なのは多分あってるんですけど…。(^_^;;

さて、そんな採取年に拘泥するにはそれなりの理由がありまして
クレシアは以前に他社と合併した経緯があり、それが1996年の秋なんですよ。
そのとき基本方針は引き継がれて、社名も商品ブランドも変更なかったのですが
それでも合併など大きなイベントを機にデザインを変えるところは多いので
いつ入手したものかというのはごく一部の人間にとってそれなりに重要です。

実をいうと、この合併劇は その『ごく一部』にとって大変興味深いものでした。

日本製紙クレシアは「クレシア」と「十條製紙」という前身に遡ることができますが
クレシアは更に古くは「山陽パルプ」と「スコットペーパー」の資本を併せた会社でした。
そして十條製紙は「十條キンバリー」と名乗っていた時代があります。
キンバリーといえば、Kleenexブランドを擁するKimberly-Clark社に他なりません。
そう、双方ともアメリカの企業力が根強い会社だったのです。

それが今ではScott(日本ではScottieのほうが通りがいいですね)もKleenexも
日本製紙クレシアという一つ屋根の下で健在してるわけですよ。感慨深いですねぇ。

crecia組織図

と・こ・ろ・が。
海の向こうでScottは1995年に他社に買収されちゃっております。
で、買ったのがKimberly-Clarkなんですねぇ。

日本で十條製紙の名前が消えてしまったのと比べると対照的ですよね。
でも日本での合併でも実は登記上残っているのは十條製紙のほうなんですよ~。
いずれにせよ、Kleenex陣営が残ったということですね。

まぁ、双方の合併年度のこととか考えると明らかに恣意的なんですけど。


関連商品:Scott

前の記事 | 次の記事

ご意見・ご感想・トレード希望など お待ちしておりますょ。(^_^)
Guestbook [ 1st line : your name ] [ 2nd line : your message ] [ button : send it ]

おなまえ
えーっと