コンビネーションドール


^^ 写真をクリックして全体構図をチェック ^^

商品名コンビネーションドール / COMBINATION DOLL
製造元株式会社アルタ岐阜県大垣市
規 格114mm x 27.5mダブル
採 取2008年
在 庫× (out of stock)
モチーフ茶メイン 赤 動物 トナカイ 鹿 クリスマス イベント brown red reindeer christmas dot
素材
販売種別雑貨等
コンビネーションドール トナカイ これをバージョン違いと呼ぶべきか、驚きの2コセットです。
ここから見始めた方はトナカイ第一弾をご確認ください。

本品はトイレットペーパーとしては相当特殊な商品なのですが
前回はネタが巻紙にかすりもしないという
ぶっちぎりの展開でお届けいたしました。
だってクリスマスだもん!(きゅるりん)

さて。
簡易なイラストなどに見るサンタさんのそりは大体2頭立てですが、
『クリスマスの前の晩』 によれば8頭立てというのが定説でありましょう。
ダッシャー・ダンサー・プランサー・ヴィクセン
ドナー・ブリクセン・キューピッド・コメット
、ですね。
ドナーが(ドイツ語かなんかで『雷』なので)サンダーに訳されたりしますけど大体こんな感じ。

ちなみに、すらすらと涼しい顔して書いてるように見えますが、
詠唱してみても大抵何匹か忘れてて毎年覚え直しております。
中高生の頃から毎年そうなんだから、別に年のせいではないのさ!
どーせ海外ミステリーは帯の人物相関図が手放せないクチですぅ。

…まぁ、これ以上続けるとグダグダになるので止めときますけど、
それで9頭目にくる新入りが赤鼻のこのルドルフというわけですよ。

え!9頭引き!?
そう、実はサンタさんってば怒濤の多頭そり使いなのです。

多頭引きを巡る泣き笑いは動物のお医者さんを読めって感じですが
そりの先頭というのは球技で言えばフォワードみたいな人が就くポジションなので
いかにも気弱っぽいルドルフが先頭と言うこと自体に相当無理があります。

大体、9頭もいたら相当とっちらかって騒々しそうなんですけど
サンタクロースのそりと言えばしゃんしゃんしゃん♪みたいな
リズムの揃った呑気な鈴の音という印象が強い。
サンタさん、さすが手練れのハンドラーと言うべきでしょうか。
いや、それともあのふくよかな体型を引くには9頭必要なのか!?(爆)

ま、この場はプレゼント過積載で重いから、ということにしておきましょう。

■■■ 追記 ■■■
サンタさんとトナカイたちの行方は北米航空宇宙防衛司令部がトラッキングしておりますぞ。


前の記事 | 次の記事

ご意見・ご感想・トレード希望など お待ちしておりますょ。(^_^)
Guestbook [ 1st line : your name ] [ 2nd line : your message ] [ button : send it ]

おなまえ
えーっと