白馬車 業務用100m


^^ 写真をクリックして全体構図をチェック ^^

商品名白馬車 業務用100m
製造元アスト株式会社静岡県富士市
規 格114mm x 100mシングル
採 取2008年 山形県
在 庫× (out of stock)
モチーフ主に青 緑 エンボス 文字のみ 白っぽい 再生紙 水に溶ける blue green recycle
素材
販売種別普及品
前回のコラムで、こちらの商品名が業務用か白馬車なのかで軽く迷いましたが
その後の調査により白馬車ということで良さそうです。

さて、今回バージョン違いが出たため再度取り上げることとなったわけですが
順に見れば判る通り、メインデザインの左上を飾るロゴマークが変わりました。
このマークの正体はメーカーの社章で、つまり作ってるところが変わったのですが
結論を急がず、もう少し詳細を追ってみましょう。

白馬車 表示 実はよく見ると事業所の所在地は同じです。
こういう場合、普通は社名変更を考えますが
このケースにおいては
『販売者表示が親会社に変わった』が正解。

アストとはアシハラの持ち株会社で、
合併前子会社が販売していた各々の商品は
アストが一括対応するようになったからです。

…って、今時 業界再編なんて珍しくないので
持って回った表現はしなくても良いんですが
その一方で単純に表示が変わっただけ、
とも言い切れない微妙な空気感が漂うのが今回のミソ。

一応アストさんは大阪が本社と言うことになっているのですが
アシハラさんをほぼ丸ごと残す形で『静岡本社』というものを設けており
結局この巻紙の属性としては『アシハラ色』が強いのか『アスト色』が強いのか
今ひとつよく判らないままなんです。
(また別の会社とのパワーバランスもあって、その話はまたの機会に…。)

で、何でそんなことで悩む必要があるかというと
ひとえに【まきコレ。】の展示をどういう形でまとめるか苦慮せねばならん、
ということに尽きるわけですけど。(爆)

イヤほんとに、長年集めてると メーカーがなくなったり合併したり
ダブルネームで出したりOEMとか始めちゃったりして
その都度分類ルールの大幅変更を強いられるんですよ~。
検索性をよくするために商品をメーカーごとにファイルしてるんですが
新しい版が見つかるたびに戦々恐々としております。

昔のサイトで便所紙コーナーが頓挫したのも、実はそれが原因だったからな~。
完璧主義な割に飽きっぽいもんで、度々そういう事態に陥りますです。


■■■ 2009-11-13 追記 ■■■
旧アシハラさんはその後「富士支店」っていう扱いになったみたいです。
ついでにファイル名もこっそり変更。


前の記事 | 次の記事

ご意見・ご感想・トレード希望など お待ちしておりますょ。(^_^)
Guestbook [ 1st line : your name ] [ 2nd line : your message ] [ button : send it ]

おなまえ
えーっと