芯なしロール(オールユース)


^^ 写真をクリックして全体構図をチェック ^^

商品名芯なしロール(オールユース)
製造元中州製紙株式会社岐阜県岐阜市
規 格114mm x 130mシングル
採 取2001年 愛知県
在 庫(in stock)
モチーフ赤 トイレットペーパー 芯なし 再生紙
素材
販売種別普及品
10年近くずっと「オールユース」が商品名だと思ってたんですが
よく見ると括弧がついてるんですね。でもオールユースで行っちゃいマス。
どんな、ホルダーにも使用できる
芯なしロール
…とは、特殊芯を使わなくても既存のトイレに設置できるという意味ですね。
昔の芯なし商品は穴の部分が小さく専用の細い芯棒を使う必要がありましたから
買う方にもやや抵抗があったと思うんですが、これなら店長さんも安心だね!

トイレって意外と保守的な空間なので異物を激しく排除しようとしますね。
この場合の異物は細い芯棒と芯穴の細い巻紙と言うことになりますが
本品は一般的な紙管と同じような穴が開いているので抵抗感は低いでしょう。
細芯の意義は認めた上でユーザビリティが低いと思うわけですよ。
便所トークに「ユーザビリティ」もないもんだけど。

ところで、カタカナ商品名の割に一言もアルファベットが出てきませんが
これを綴るとしたら ALL USE と書くんでしょうね。
動詞はユーズ、名詞はユース、ジュニアの代表選手みたいのもユース。

これ、最初は芯がないから紙を全部使い切れるという意味だと思っていて
usableじゃないかな~、でもどっちもuseの派生語だからいっか!」
とか考えていたのですが、
「使える」はむしろホルダーの方にかかってるんじゃないのか!?…みたいな。

オールユース君 そしたらavailableだよね、って思いつつ
頭の中で「おーらべーらぼー」と発音してみたら
「ふんわ~り、やわらか。」とか言ってる割に
妙なアニキキャラを感じたので書いておきます。

自分の中では結構ツボだったから
誰かに伝えておきたかったんだよ。
誰にも伝わらないかも知れんけどな。


前の記事 | 次の記事

ご意見・ご感想・トレード希望など お待ちしておりますょ。(^_^)
Guestbook [ 1st line : your name ] [ 2nd line : your message ] [ button : send it ]

おなまえ
えーっと