鎌倉ロール


^^ 写真をクリックして全体構図をチェック ^^

商品名鎌倉ロール
製造元信栄製紙株式会社静岡県富士宮市
配布元鎌倉市神奈川県鎌倉市
規 格114mm x 150mシングル
採 取2009年 神奈川県
在 庫○ (in stock)
モチーフ青 緑 自治体 キャラクター blue green
素材
販売種別非売品
エコピー亡き後、服喪しておったワタクシですが泣き暮らしてばかりはいられない。
なぜってエコピーの後釜が早々にその座を陣取っちゃっているからに他なりません。
俺様としてはエコピーの器に見合う輩かどうかをちゃんと見極めなくっちゃね…。

実のところを言えば、エコピー在任期間中に新キャラのお披露目が先にあり、
「あれ、エコピーは?」と思ってるうちにエコピーの退陣が明らかになったという。
もう、自分の中では政敵を迎え撃つような気持ちでいるわけですよ。
エコピー版 廃止の知らせを受けてからというものの、
何かのついでと言っては鎌倉市内の公共施設に立ち寄る日々を送り
ほどなく見つけたのがこの新装版鎌倉ロールだった、と。

制作はこれまでと同じメーカーに依頼してるわけですから
新デザインへの切り替えが包装紙の在庫切れと同時でもおかしくないんですけど
不思議と包装紙なし端境期が一ヶ月ちょっとあったのが謎といえば謎。
エコピーの四十九日を待って除服したとかな…って、おい。

肝心の新キャラ「ひめ」「にゃん丸」「ぽん太」は
真の名を静姫・牛若にゃん丸・源ぽん太と言うのだそうで、
誰の目にも静御前・義経・頼朝をモチーフにしていることは明らかです。
このご時世、ゆるキャラと歴女ブームに乗っかって一躍人気者に…
なんてヌルいこと考えてんじゃねーだろな!オメー史実なめんなよ!(^_^;;

そもそも鎌倉の新キャラとして頼朝モチーフなのは良いですよ。ま、そりゃそうでしょうよ。
義経が隣にいるのもね、まぁ、弟ですから。
静御前も正妻じゃないとはいえ事実上義経と夫婦だし、白いのは元が白拍子だから?

でもね!これ三人セットってどう考えても変でしょ!?

源九郎義経についてざっくり言えば、牛若丸時代を経て少年期の遮那王時代に覚醒し
義経としての名乗りを上げるまで、頼朝との具体的な接点はありませんでした。
やがて頼朝に登用されるも右腕であった期間はごくわずかです。
ほどなく追われる身となり静を娶って暮らしたのは吉野であって、むしろ鎌倉は彼を拒んだ。
早くから頼朝に警戒されていた義経は幕府に近づくことすら許されなかったからです。

つまり「牛若丸」は頼朝や静とは(況んや鎌倉とも)関わりのない存在と言えるわけですよ。

…とは言うものの単なるキャラクターの設定ですからね。
それを言えば歴史ファンタジーすべてを否定することになるわけですし
時代考証とか言う方がナンセンスなのかも知れません。

ただねぇ。惚れた男と生き別れになった上に、その男も自刃に果てた静御前を思うとね。
静にとっては好きな男を八方から追い詰めただけにとどまらず
その悲しみのただ中に自身を拿捕し身ごもっていた忘れ形見まで殺した相手なんです。
頼朝というのは!

しかも静を眼前に呼び寄せ「白拍子ならば舞ってみろ」などと無神経なことを言いつけ、
気丈にも義経との日々を訥々と唄い出した静に対して激怒する始末。…おいおい。
見かねた政子が間に入ってとりなしたほどですよ。
…っていうか、そもそも頼朝出すなら隣に据えるのは政子だろう!

かくて静は後の回想で義経との暮らしを思い返せば古も 恋しくもなしと結びます。
切ないねぇ。切ないよねぇ…。ほんと切ないと思うんだよ。
どんな作り物の設定でも、静と頼朝がニコニコ一緒にいるなんて考えられないわけですよ。
もぅね、これ描いた人はともかく、採用した人の神経を小一時間問い詰めたい。

「江戸っ子 名乗るには三代必要だけど、神奈川は一代でもOK」って言うけどさ、
それだって地元を愛してこそじゃないのかね?

あまねく史跡は、その歴史に愛と誇りと謙虚さを負って今を生きるべきだと思う。

前の記事 | 次の記事

ご意見・ご感想・トレード希望など お待ちしておりますょ。(^_^)
Guestbook [ 1st line : your name ] [ 2nd line : your message ] [ button : send it ]

おなまえ
えーっと
源平六花撰
源平六花撰
奥山 景布子
花よりも花の如く (3) (花とゆめCOMICS (2743))
花よりも花の如く
成田 美名子